月照と漆黒の富嶽


いつものように夜は終わろうとしている。

語りかける月に もちろん富士は答えない。

そんな優しさもあるのだろう。

始まりの朝はまだ来ない。

だからこそ 曙と暁の狭間の富士にはモノトーンがよく似合う。

c0335943_14313800.jpg

たとえ 色を失くしたからと言って

心まで亡くしたわけではない



by heavymoon704 | 2016-03-13 14:34 | PHOTOGRAPH | Comments(2)

Commented at 2016-03-13 21:24
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2016-03-14 20:10
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。