宗一郎の夢〜DREAM

世界のHONDAがまだ産声を上げる数年前、
日本中が戦時下の緊張と不安におののいていた頃、
圧倒的な連合軍の戦力を象徴するB29は、我が物顔にTOKYOを睥睨(へいげい)していた。
感情のすべてを押し殺した顔で見上げることしか許されなかったはずの日本国民。
その one of them に宗一郎も居た…。
だがしかし、宗一郎の目には炎が宿っていた。

「いつかアイツらを超えてみせる!あのB29よりも速いクルマを作ってやる!」

中国全土を初めて統一した秦の始皇帝の行幸に行き会った項羽の魂の叫び

「アイツに取って代わってやる!」

四千年もの時を経て項羽が宗一郎に降りたとでもいうのだろうか?

宗一郎、38歳の夏のことである。









c0335943_07260763.jpg











c0335943_07270467.jpg


by heavymoon704 | 2015-08-23 07:28 | PHOTOGRAPH | Comments(0)