風の歌を聴け

孤舟有り 波に漂ひ 主を待てり…杜甫を想ふ。
c0335943_16573321.jpg
何処より 風に吹かれ 波に打たれ 辿り着きしか 瓢簞ひとつ
c0335943_17092907.jpg
廃屋の 過ごしし日々を などか哀しむ
c0335943_17164568.jpg
凜として 空に向かふか ハナミズキ
c0335943_17102875.jpg
川までも 緑に染めん 秋の風
c0335943_17350862.jpg
掬っても 掬い切れぬか 秋の空
c0335943_17353946.jpg
照れるくらいの「台風一過!」
      愛車を息子に奪われ大学に行かれても、めげてたまるかとばかりに
        息子の愛チャリを借りパクし(下品な表現で申し訳ないですm(__)m)
デジイチ片手に強風に立ち向かい、地元神社に参拝してきました。
ふらり(決してめまいではない)ひとり旅。
風の歌が今も耳に残っています。




by heavymoon704 | 2014-10-14 18:11 | PHOTOGRAPH | Comments(0)